アーク法律事務所

任意整理「一括は減額される?」親心で支払う場合の弁護士の有用性について

メールで相談予約

任意整理「一括は減額される?」親心で支払う場合の弁護士の有用性について

任意整理「一括は減額される?」親心で支払う場合の弁護士の有用性について

2021/05/14

債務整理を専門に弁護士として従事していると、時に心の温まる案件に出くわすことがります。

 

親御さんが見かねて、我が子の借金を肩代わりしてくれる瞬間には、なんだかんだ言っても、親子の絆っていいものだなぁ~なんて思います。

 

弁護士って、こんな瞬間にも立ち会うこともあるものです。

 

今回は、その一コマをお話します。

 

 

過払金の減った世の中

 

親や親戚などから援助を受けて借金を一括で全部支払ってしまう場合に、そのまま債権者に言われるがままの金額を支払うのではなく、弁護士に依頼して支払額を低くしてもらって支払うという場合があります。


過去にはそういうことがよくありましたが現在はあまりありません。


平成19年より以前から借り入れがある場合、利息を払いすぎている場合があるため、この払い過ぎの利息の部分を元金に充当して元金が減るということがよくあったからです。


なぜ現在はあまりないのかというと、平成19年以前から借り入れがあることが珍しくなってきているからです。


平成19年というと、今から14年前になります。


14以上前からずっと借りているという方はそうはいません。


今から10年前の平成23年の頃ですと、平成19年より以前から借りている方はたった4年前からの借り入れですので、多くの方がいらっしゃいました。


今、平成19年以前から借り入れがある方はほとんどいらっしゃらないので、任意整理で元金が減るという方はほとんどいらっしゃいません。


そうすると、弁護士に依頼して一括で支払っても、自分で一括で支払っても支払う額は同じなので、わざわざ弁護士に依頼せずに、そのまま支払ってしまうという方が多いのです。

 

 

 

弁護士費用がかかっても依頼したい!一括で支払う任意整理の実態…

 

ただ、中には別の理由で弁護士に依頼するという方もいらっしゃいます。


それは、今回は親や親戚などがお金を出すが、これっきりで2度と借金をして欲しくないという場合です。


弁護士に依頼して任意整理をすると、一括で支払ってしまったとしても5年は信用情報に載るため、再び借金できるようになるまで5年はかかるのです。


親や親戚などがお金を出して借金を一括で支払うと、再びすぐに借金ができる状態になってしまいます。


これを避けるために弁護士に依頼して一括で支払う任意整理をすることがあるわけです。

 

 

 

 

まとめ

 

どうでしょうか?

 

とても心の温まる話だと思いませんか?

 

親心で、支払いの肩代わりをするけれど、二の舞を踏むことのないようにと、戒めのために、わざわざ弁護士へ依頼するという心意気に何とも言えない気持ちになりました。

 

僕自身も娘が2人いますが、この時の親御さんのように果たしてできるでしょうか?

 

我が子が可愛いのは誰しも同じでしょうが、心を鬼にするという方法にも、このような形もあるのだとハッとさせられました。

 

僕は、いつでも無料相談を行っていますので、お気軽にご相談くださいね。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。