アーク法律事務所

自己破産手続きの流れと期間を解説!

メールで相談予約

自己破産手続きの流れと期間を解説!

自己破産手続きの流れと期間を解説!

2021/05/12

破産手続きをすることに決めたとき、気になるのは、その流れと期間ですよね。

 

一体、どんな流れで進むことになるのかがわからなければ、不安しかないと思います。

 

だから、今日は詳しく簡潔にお伝えしたいと思います。

 

 

 

破産手続きの流れ

 

破産手続きの一連の流れについて、おおよそのタイムスケジュールと共にご説明します。

 

①弁護士に破産手続きを依頼、依頼当日に各債権者へ受任通知を発送

2~3ヶ月(債権調査期間、申立書類の準備、弁護士との打ち合わせ)

②裁判所へ破産申立

2週間~ひと月(申立内容の確認、追加書類等の提出)

③予納金を裁判所に支払う
④裁判所で破産手続開始決定がされる
(管財事件は管財人が選任される)

1週間程

⑤管財人との面談

3ヶ月(管財人による事件精査、換価等の手続)

⑥財産状況報告集会・計算報告集会(同時廃止の場合は免責審尋期日)
⑦破産手続廃止決定及び免責決定

 

なお、同時廃止事件の場合は、④の開始決定時と同時に廃止決定がされ、管財人の選任はありませんので⑤は無しとなります。
⑥については管財事件も同時廃止事件も裁判所への出頭が必要です。

 

 


 

【まとめ】破産手続きの総トータル期間

 

破産手続きの流れと期間を一連でお話させていただきました。

 

最後に、おおよその総トータル期間をまとめておきます。

 

同時廃止事件の場合…7ヶ月ほど

 

管財事件の場合…1年ほど

集会があるので、その分期間が長くかかります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。