アーク法律事務所

裁判所から手紙が来た!「支払督促」の対処方法を教えます

メールで相談予約

裁判所から手紙が来た!「支払督促」の対処方法を教えます

裁判所から手紙が来た!「支払督促」の対処方法を教えます

2021/05/15

ある日、届いた手紙の差出人は「裁判所」

 

自分に何が起きたのかとビックリしてしまうかもしれませんね。

 

察しのついている部分もあるかもしれませんが、その手紙の効力や意味を知らないと、後に大変なことになってしまうので、慌てずに対処しなくてはいけません。

 

ということで、今日は裁判所からの手紙「支払督促」についてをお話します。

 

 

 

支払督促とはどういうもの?

 

債権者がお金を返してもらおうと、裁判(訴訟)を起こし判決を得るまでには費用と時間がかかることから、より簡易迅速な手続きとして支払督促があります。


借金の支払いを怠っていると、裁判所から支払督促が届いた、というのはよく聞く話です。


支払督促が届いたら放っておかずに、きちんと対応することが大切です。

 

支払督促は債権者が提出した書類をもとに裁判所が発します。

 

債務者から事情を聞かずに発せられることから、債務者に「督促異議の申立」を認めています。


支払督促が届いてからどのように手続きが進行するのか、どのタイミングで督促異議の申立をすべきなのか、次に見てみましょう。

 

 

 

督促異議の申立てのタイミングが大事!

 

①債権者が裁判所に支払督促の申立をする


②裁判所が支払督促を発付


③債務者に支払督促が届く
→受け取ってから2週間以内に督促異議の申立をすると、この支払督促は失効し、通常の訴訟手続きへ移行します。

 

④債権者が裁判所に仮執行宣言の申立をする


⑤裁判所が仮執行宣言を発布


⑥債務者に仮執行宣言付支払督促が届く
→受け取ってから2週間以内に督促異議の申立をすると、この支払督促は失効し、通常の訴訟手続きへ移行します。

 

⑦督促異議期間(2週間)が経過すると、支払督促が確定

 

決められた期限内に督促異議の申立をしない場合は、①~⑦まで進行し、最終的に確定した支払督促は債務名義と呼ばれ、これをもとに強制執行(給与や預金の差し押さえ)が出来るようになります。

 

なお、支払督促が確定すると時効は中断し、支払督促が届いた日から更に10年が経過しないと時効になりません。


時効は相手方に主張しなければ効果がありません(消滅時効の援用)。

 

時効期間が経過しているが消滅時効の援用をしないままで、支払督促が届く場合も多々ありますので、その際には督促異議の申立で消滅時効を援用する旨、主張すれば支払督促は取り下げされることとなります。

 

 


 

まとめ

 

裁判所からの手紙は、一般的に見る郵便物ではないため、債務者の心理にも動揺を与えるものだと思います。

 

そして、この手紙を無視してしまうと、強制執行されてしまう可能性があるので、要注意なものでもあります。

 

督促異議は「支払うお金がありません」でも良いのです。

 

何らかの返答をすることをおすすめします。

 

そして、これからどのようにしたらいいのか、お困りになる場合は、法律事務所に相談に行きましょう。

 

無料相談をやっている法律事務所も多くあります。

 

名古屋でお探しの場合は、当事務所までお越しください。

相談料は、いつでも無料!

 

悩んでいる方から相談料をいただかない主義を今日も貫いています!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。