アーク法律事務所

個人再生では保証債務があると弁済額が低くなる

メールで相談予約

個人再生では保証債務があると弁済額が低くなる

個人再生では保証債務があると弁済額が低くなる

2021/05/19

個人再生で、ご自身で借りている債務の他に、連帯保証人になっていて保証債務があるという方がいらっしゃいます。


この保証債務も債権者一覧表に載せることになりますし、弁済額の決定では普通の債務と同様に扱われることになります。

 

ですが、この保証債務は、個人再生手続きをして、弁済額(実際に支払っていくことになるカットされた借金)を決める時には、どのようなカウントになるのでしょうか?

 

説明していきます。

 

 

 

保証債務があると個人再生の実際の弁済額が低くなる場合がある

 

例えば、普通に借りている債務が1000万円だけの方の場合、1000万円の5分の1の200万円を3年で払うので、1か月の弁済額はおよそ6万円です。


これに対し、普通に借りている債務が1000万円あって、保証債務が2000万円ある方の場合、3000万円の10分の1で済みますので、300万円を3年で払うことになり、1か月の弁済額はおよそ8万5000円ということになりそうです。


しかし、この保証債務の主債務者がちゃんと主債務を払っている場合、保証債務はすぐに払わなければならない債務ではないということになります。


この場合、再生計画案で実際に支払うのは保証債務を除いた1000万円の部分だけで10分の1で済みますので、100万円を支払うということになり、1か月に支払うのはおよそ3万円ということになります。

 

 

 

弁済額が安くなると喜んではいけない注意点

 

債務が1000万円の方は月額6万円の支払いで、保証債務がさらに2000万円あるという方は、月額3万円の支払いで済むという計算になります。


そして、保証債務分の月額5万5000円は毎月ご自身で貯めておく必要があって、もし主債務者の方が主債務の支払いができなくなった場合には、この貯めておいた分を債権者に支払う必要があります。


あくまで、主債務者が主債務の支払いができなくなった場合の話ですから、ちゃんと主債務者が主債務を完済すれば、この貯めておいた分は自由に使うことが可能です。
 

 

 

 

まとめ

 

今、現時点で保証債務を持っていたとしても、それは大きな問題になるかどうかの分かれ道は、主債務者の状況によります。

 

もし、順調に主債務者が支払いをしているのなら、あなたは、もしもの備えとして、これまで通り構えておく必要があることを覚えておいてください。

 

そして、いざとなった時に、支払えないとなると、あなたが自己破産の手続きへとステップアップすることにもなりかねませんので、いろいろと不安もあると思いますが、備えだけは忘れずにしておきましょう。

 

その他、不安なことがあれば、相談の時に個別にお答えできますので、お気軽に相談へお越しください。

尚、当事務所では、相談料は頂戴しておりませんので、ご安心ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。